ハニーココでバストアップできる!

ハニーココの成分とバストアップ - ハニーココでバストアップできる!

ハニーココでバストアップできる! > ハニーココの成分とバストアップ

ハニーココの成分とバストアップ

ハニーココに含まれている成分は、主にイソフラボンです。
タイ北部、ミャンマー山岳地帯などに自生するマメ科植物「プエラリア」から抽出された数種のイソフラボンが主成分となっています。
大豆イソフラボンも配合されていますので、イソフラボンの含有量は他のサプリメントと比較してもかなり多い部類と言えるでしょう。

イソフラボンという成分は植物性エストロゲンの一種で、摂取すると人間の女性ホルモンであるエストロゲンに近い作用を発揮します。
女性は成長期になると脳下垂体から「胸を大きくしなさい」という指令が出て、その指令を子宮で作られた女性ホルモンが受け取り、乳腺を発達させることでバストが大きくなります。
乳腺が発達するとそれに伴って脂肪もついてきますので、乳腺を発達させることがバストアップにつながるのです。
成長期を過ぎてから劇的なバストアップが見込めないのは、これが理由です。

しかし「イソフラボンを摂取しても成長期を過ぎていたらバストになにも影響しない」と一概に断言はできません。
エストロゲンの分泌量が足りずにホルモンバランスが乱れている人が、その影響で胸が小さい場合には、イソフラボンによってバストアップ効果を得ることが期待できます。
効果を得るためには女性ホルモンの分泌サイクルに合わせた適切な摂取方法でイソフラボンを摂取する必要もあります。
しかし、ハニーココのイソフラボンがバストアップにつながる可能性は十分あるのです。

ただしハニーココでバストアップしたいのであれば、かかりつけの医師などに相談する事をおすすめします。
医師の管理のもとで摂取すれば、より大きな効果が期待できるでしょう。

top